別れた

白い一戸建てと木

夫婦が離婚した場合、住宅ローンについてはどのように影響があるかですが離婚した場合においてはできれば住宅ローンの内容を変えてしまいたいということがほとんどとはいえます。しかし、勝手に名義を変えてしまうことはできないことになっています。契約変更をする場合においては、銀行の承諾を得るということが絶対的に必要となります。 夫婦であっても離婚したから連帯保証人を外して欲しいということは簡単にはできません。離婚した場合の住宅ローンの支払いの場合は夫か妻のどちらかが住み続け、夫か妻のどちらかが住宅ローンを支払うという形になることが多いです。ただし、一般的には任意売却を行うことのほうが多いとされます。それぞれのケースにより問題になる度合いが変わってくることを留意します。

離婚することで住宅ローンの支払いができなくなるあるいはこの先どうするのかがわからなくなるという内容で相談を持ちかけるケースは古くから見ても一定数あります。また、離婚した場合においては不動産の支払いも財産分与の対象ですが住宅ローンの支払いも財産分与の対象となっています。つまり、借金も相続されるということです。 ですので、そのようなことになった場合にはローンの金額がいくらになるかや不動産の価値がいくらか、また収入の状況がどうなっていくかなどの点で充分に話し合いをして解決を測る必要はあります。 話し合いで解決ができなかった場合においては、調停により第三者の立ち会いのもとで解決することになりそれでも解決が難しい場合は離婚裁判を行うことで法の判断に委ねることになります。 離婚に関する歴史については戦後期にはおよそ現在のような形になっており、住宅ローンの支払いについても同様です。