見晴らしのキレイな家

離婚する

芝生と戸建の家

1950〜1970年代の離婚率は10万組以下でしたほぼ一定でしたが1971年から一転して離婚率が上昇に転じ1987年まで年々増加の一途で1988年から1990年まで減少、翌年からまたもや上昇に転じ2002年にピークを向え翌年から減少に転じるというように上昇、減少を繰り返して来ました。 現在は25万強となっています。 男女の離婚年令非では男性が30〜34歳が最も多く年を追って減少しています。女性は25〜29歳が最も多く男性と同じく都市を追って減少しています。離婚率の少ないのは19歳以下となっていますが当然といえます。 離婚は双方にダメージを与え子供に対する影響も小さくないのでなるべく避けるべきでしょうがこれだけは個人の問題で他人が口を挟めることではありません。

住宅ローンの破綻が増えています。住宅ローン返済額が年収の20パーセントを超えると破綻予備軍となるようです。 住宅は庶民にとって高額な買い物です。それでも住宅は庶民は夢ですので銀行も住宅ローンに熱い目を注いでいます。 住宅価格のうち土地価格は最近落ち着いていますが来年からは不透明さを増しています。建築価格は坪単価はバブル時代まで坪30万円位でしたが、以後徐々に土地価格は下落の一途でしたが建築費は値上がり気味で推移して平成6年頃から坪単価50万円位で落ち着いていますがこれからが問題です。 大工さん等の職人さんの人件費高騰気味と建築材料費の高騰に建築費の値上がりは避けられないでしょう。 これから住宅ローンを組むなら返済方法を念入りにシュミレーションしましょう。 住宅ローンの返済が住居の値下がりに追いつかず住宅ローン破綻者は多額の負債を抱える事になります。 住宅を購入するなら頭金を充分用意し、ローンの返済は年収の15パーセント以内が理想的です。

別れた

白い一戸建てと木

離婚することで問題になることが住宅ローンです。住宅ローンはお互いの名義が登録されている場合があるため、離婚した際にはどちらかがローンの支払いを行わないといけません。

関係を知る

マンションと木

クレジットカードにはキャッシング枠というものがあります。このキャッシング枠を利用することで金融機関から借入してもらうことができます。この機能を活用するためにもクレジット会社の審査に合格する必要があります。

理由を知る

たくさんの札束

クレジット決済代行を利用することは近年増え続けています。ネッとショップで商品を購入する時には大半のところではクレジット決済代行を利用しないと購入することができない状況になっています。。

オススメリンク